施設研修部

トータル人事システム

トータル人事システム

介護・福祉・医療業界を取り巻く環境は、近年絶え間なく変化をしています。安定的・発展的に経営を継続するためには、介護・福祉・医療サービスを受ける人たちからの「信頼」を得ることが必須となっています。そのために最も必要なことは、「心をともなったサービスを提供できる職員がいるかかどうか」にかかっています。
KECのトータル人事システムは、職員一人ひとりの自己実現に寄与する人事管理(キャリアアップの仕組み作り)と、経営理念・サービス目標に基づいた公平・公正な人事評価のできるシステム構築を行います。

トータル人事システムの概要

トータル人事システムは、業務内容別の評価判断基準に基づき、賃金・処遇制度・人事考課制度・目標管理制度をコアシステムに、人材活用制度・能力開発制度をサブシステム、自己申告制度・面接制度をサポートシステムとして次の3つがあります。
トータル人事システムのご説明
職員一人一人はもとより会社全体のレベルアップを図ることで、人的資源を有効活用して激しい環境変化に対応可能なマネジメントを確立します。
人事トータルシステム概要図

トータル人事システムの設計手順

業務内容の調査
全職員の業務内容の調査
 
業務内容の調査
業務別の役割・能力一覧表の作成
 
人事考課規定
評価と処遇システムの設計
 
賃金規定
賃金制度の設計
 
管理目標
目標による管理システムの構築
 
目標との結合
理念・方針と人材育成の目標を結合


トータル人事システム導入スケジュール(モデルケース)

人事トータルシステム導入スケジュール(モデルケース)