寝屋川教室(介護福祉サービス科)

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修(求職者支援訓練)概要

KEC介護福祉学院の介護職員初任者研修は、「講義」「演習」「現場実習」の3ステップで構成しています。(※講義と演習を一体的に実施します。)

1.講義

  • 理論的説明に偏らない、「実務経験豊富な」講師陣
    講義授業の講師陣には、医師、看護師、介護福祉士、ケアマネージャー、訪問介護員など、現場を熟知した現役職員が揃っております。経験豊富な講師たちが、現場で本当に必要とされる「介護知識」「技術」そして「介護職員としての心とは何か」を丁寧に指導します。
  • 「講義」の特徴
    KEC介護福祉学院の「講義」は、介護職員として必要な知識や考え方の基礎を学びます。また、現場での事例に基づいたケーススタディを多く取り入れ、現場での「対応力」「即応力」を身に付けて頂きます。

2.演習

  • 基本介護技術の習得
    衣類脱着、体位・姿勢交換から、食事、車いす移乗・移動など、基本的介護技術を習得します。また、現場で必要となる「ケア計画の作成・記録・報告」など事務作業等も学びます。
  • 「演習」の特徴
    こころとからだのしくみを体系的に学びます。介護される側の視点に立つために「介護を受ける体験」も盛り込んだ演習を行い、介護技術と心理的な介護視点を併せ持った「心の伴う介護姿勢」を学び、コミュニケーションを軸とした真の技術習得を目指します。

3.現場実習

  • 「思いやり」を見つけるための「現場実習」
    KEC介護福祉学院が最も重要視している「介護職員は思いやりで接する究極の接客業である」を実際に体験していただく「現場実習」で学習の総仕上げをしていただきます。介護が必要な方とじかにふれあい、お話をし、お手伝いをする中で、介護に必要不可欠な「思いやり」を見つけてください。

【シラバス】

 ・介護職員初任者研修の「シラバス」はこちら

【修了評価方法】
 ・介護職員初任者研修の「修了評価の方法」はこちら

【講師一覧表】
 ・介護初任者研修の「講師一覧表」こちら

【留意事項】

[受講の取消し]
下記に該当する者については、受講を取り消すことができる。
1.学習意欲が著しく欠け、修了の見込みがないと認められる者
2.研修の秩序を乱し、その他受講生としての本分に反した者
3.受講生自身が受講継続意思のない者
4.その他、当法人が不適当とみなした者

[欠席の取扱い]
1.遅刻も早退も欠席とみなす。
2.受講態度が悪い場合は欠席とみなす。

[退校処分の取扱い]
以下に該当する場合は退校処分とし、その旨を文書で通知する。
1.出席日数があらかじめ定められた総訓練日数の8割を満たさなくなったとき。
2.出席、遅刻及び早退が著しく多い場合や技能およびこれに関する知識の習得状況が芳しくない場合等で修了が見込まれないとき。
3.施設の秩序や訓練受講環境を著しく乱したとき、または乱す恐れがあるとき。
4.故意に施設の設備または物品を亡失、毀損または施設外へ持ち出したとき。
5.法令違反等、公序良俗に違反し、社会通念上、訓練受講生として相応しくないとき。
6.その他、訓練の受講が困難であるとき。